2018年04月02日 15:30 掲載

くるナンデス 【自動車カメラマンの、旅のしおり】スゴっ!きれい!ついつい見とれちゃう、上空からの絶景

僕は仕事柄地方に出かけることも多く、プライベートでも旅が大好きです。ですから、飛行機での移動も少なくありません。飛行機に乗ったときに楽しみにしているのが、車窓ならぬ機窓から見る風景です。

a001s.jpg

 昨今ドローンが身近になったこともあり、空からの映像は以前よりも目にする機会が増えましたが、それでも自分の目で見る景色は格別です。なんたって空を飛べない人間にとって、空からの眺めは究極の非日常だと思います。それに、見る角度も時間も自分の思うようにならない乗客の1人として出会う一期一会の風景には、毎回搭乗前から期待が膨らんでしまうというものです。上の写真のように、まるで宇宙から地球を眺めているような景色に出会えたときは、その感慨もひとしおです。

a002s.jpg

 東京在住の僕が飛行機に乗る場合、羽田空港が起点になることが多いのですが、多くの場合は午前中の便か、もしくは1日の仕事が終わってからの夜便を利用します。写真上は夕方羽田を出発し沖縄へ向かう途中の1枚。小田原の町の奥に見える西日を受けた雲と相模湾、富士山のシルエットがとても綺麗でした。夕方に西へ出発する機会はあまり多くない僕にとって、珍しい風景でとても新鮮でした。

a003s.jpg

 飛行機から見る富士山は、僕が西へ向かう旅のハイライトのひとつで、毎回楽しみにしています。ルートによっては富士山のほぼ真上(真上だと富士山が見えない)を飛ぶこともありますが、上写真の日はわずかにずれて富士山をじっくり眺めることができました。かつてはここに富士山レーダーがあったのですよね。ちなみに、JALやANAなど富士山がどちら側の座席で見えるのかを自社のウェブサイトで紹介している航空会社もありますので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

→ 次ページ:
絶景は機上にあり