2018年02月20日 15:00 掲載

くるナンデス 【グラフでわかる!】
2017年、普通&軽
最も売れたのはどれ!?


kn180208-01-00b.png

 一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)と、一般社団法人全国軽自動車協会連合会(全軽自協)はクルマの販売台数を集計し、レポートとして毎月発表している。ここでは、2017年の年間累計販売台数の確報をもとに、普通乗用車と軽乗用車の販売台数を車種別にグラフ化・ランキング化してみた。最後には、普通・軽を合わせた無差別級のベスト30も紹介する。

普通・年間累計販売台数上位20車種

 まずは、普通乗用車の17年の年間累計販売台数で上位20車種を見てみよう。なお普通乗用車とは、貨物車やバスなどの業務用途と、軽自動車を除いたすべての車種を指す。

 注意点として、メーカーによっては「○○」と「○○カスタム」といった形で別車種としてラインナップしている場合もあるが、自販連の集計では同じクルマとして扱われている。

kn180208-01-01c.png

普通乗用車の17年における上位20車種の年間累計販売台数。トヨタ「プリウス」が1位を獲得した。16年から2年連続の1位となった。

→ 次ページ:
続いては、軽乗用車ベスト20の台数推移