2021年08月31日 00:00 掲載

クルマ 菰田潔のなるほど運転レッスン(第12回)|右折のしかた

こんにちは、菰田潔です。私と一緒に『今さら人に聞けない運転の基本』を動画でおさらいしてみませんか? ひとつひとつチェックしていけば、きっといまより運転がうまくなりますよ! 連載第12回は、右折のしかたについて解説します。

解説=菰田潔

右折をする時には、安全かつスムーズに曲がるようにしましょう

安全に右折するためには、早めにウインカーで知らせて周囲確認をするようにしましょう

右折時には、スムーズに右側にクルマを寄せ周囲を確認してから曲がるようにしましょう

 事故全体の中で、交差点での事故の割合は、4割を超えます。交差点で右折する場合は、特に確認しなければならないところが多くなります。急いで曲がって事故を起こしては元も子もないので、交差点ではより慎重に運転しましょう。

 右折は単に右に曲がるというだけではなく、安全に曲がることが大事です。今回は、その点をマスターしてもらうために、今から実際に走って解説します。

ウインカーは早めに点けて、右になるべく寄りましょう

右折時には、早めにウインカーを点けて周囲に知らせるようにしましょう

早めにウインカーを点けて周囲に知らせるようにしましょう

 右折する時の注意点は、周りのクルマに「右折するぞ」ということをなるべく早く知らせるということです。そのため、ウインカーを早めに点ける必要があります。

 そして、後続車にも迷惑をかけないように、なるべく右いっぱいにまで寄ります。この際、スムーズに右に寄っていくようにしましょう。

曲がる時には、横断歩道に歩行者や自転車がいないか確認するようにしましょう

曲がる時には、横断歩道に歩行者や自転車がいないか確認するようにしましょう

 状況が良ければ曲がりますが、その前に横断歩道に歩行者や自転車がいないかどうか確認をしてから曲がっていく。しっかりと首を振って確認することをマスターしましょう。

<プロフィール>
菰田潔(こもだ・きよし)
多くの運転講習会で講師を務めるモータージャーナリスト。その理論的で分かりやすい教え方から "プロフェッサーこもだ" とも呼ばれることも。

※この記事は20137月に公開した動画を元に再編集したものです。

ライターお勧めの関連記事はこちら