2022年03月21日 20:00 掲載

クルマ 8年ぶりに車両規則を大変更
2022年型 F1マシンはグランドエフェクトでどう変わる

F1が8年ぶりにマシンに関する車両規則を大変更する。大きなポイントはグランドエフェクトを活用した空力デザインと、ホイールが13インチから18インチへと大型化すること。それに則った2022年型マシンがシーズン前のテストを走りだした。それらをモータースポーツライターの大串信が解説。

文・大串信(モータースポーツライター)

抜きつ抜かれつを多くするために

バーレーンテストを走行するメルセデスAMGのW13

3月10日のバーレーンテストを走行するメルセデスAMGW13。サイドポンツーンが極小なものを登場させた 写真=メルセデス・ベンツ 

 2022年シーズン、F1グランプリの展開は大きく変わるかもしれない。というのも、F1を統括するFIA2022年度からF1の車両規則を大きく改定したからだ。今シーズン参戦するすべてのチームは、新車両規則に基づき設計を全面的に見直したマシンを開発して開幕戦に臨む。つまり誰も新車両規則に適した理想形を知らないままシーズンが始まるのだ。

 新しい車両規則で最も大きく変わるのが空力デザインに関する条項である。これまでFIAは、車体下面に設けたベンチュリー構造でグラウンドエフェクトを引き出して、ダウンフォースを獲得する手法(空力デザイン)を厳しく規制してきた。それが2022年シーズンからは、オーバーテイクを増やしてレースをショーアップするために規制を大幅に緩和。

 また、これまでの13インチとしてきたホイールサイズを近年の市販車に近い18インチへ拡大したのも注目すべき変更点である。これに対し、パワーユニットは開発を凍結された昨年と同じものを使うことになる。

 こうした新規則を受けて各チームはどんなデザインが最も効率よくグラウンドエフェクトを生み出せるのか、どんな足回りにすれば18インチホイールに装着する扁平タイヤから最大限のパフォーマンスを引き出せるのか、というアイデア競争に突入した。このアイデア競争に勝てば、昨年までのマシンの戦力差を一気に縮め、逆転することも可能になる。

 2022年が明けると、各チームはシーズン開幕に向けてニューマシンの発表会を催した。しかし多くのチームが新型マシンの詳細を明らかにせず、中には全く別のダミーをわざわざ作ったり、全く別のCG画像を作ったりして発表した。このように手の内を見せようとしなかったのは、開幕まで自分たちのアイデアを隠しておき、少しでもシーズンを有利に運びたいという思惑からだ。

 実際、開幕に備えて初めてニューマシンを走らせる機会となったスペイン・バルセロナとバーレーンでのプレシーズンテストには、発表時の車両とは全く異なる車両が現れたりもした。各チーム、それだけ今年の技術的"ゼロスタート"に賭けているのである。

発表会でのレッドブルRB18

発表会でのレッドブルRB18。肝心な部分が見えないように撮影された写真しか公表されなかった ⓒGetty Images / Red Bull Content Pool

F1に関する記事