2019年06月20日 02:30 掲載

クルマ あと1時間で涙を呑んだのは…。トヨタ、2連覇達成するも心境は複雑か【第87回ル・マン24時間レース】

現地時間6月15日15時から16日15時まで行われた、第87回ル・マン24時間レース(仏サルト・サーキット)。中嶋一貴と小林可夢偉を擁するTOYOTA GAZOO Racingは2連覇を達成すべく、昨年の優勝マシン「TS050 HYBRID」の2019年仕様を2台送り込んだ。そして優勝まであと1時間、そこで待っていた過酷な展開とは?

くるくら編集部 日高 保

TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID 2019年仕様 8号車|toyota gazoo racing ts050 hybrid 2019 model year No.8

中嶋一貴らがドライブしたTOYOTA GAZOO Racing「TS050 HYBRID」(2019年仕様)8号車。

 現在は、世界耐久選手権(WEC)の1戦として開催されているル・マン24時間レース。今回で87回目の開催となり、来場者数は主催者発表で25万人。歴史と人気を有した世界三大レースのひとつである。

 2017シーズンまではWECの序盤に開催されていたが、今後はル・マン24時間レースを最終戦とすることとなった。その間を取り持って調整するシーズンとなったのが、"2018-19スーパーシーズン"だ。同シーズンでは第2戦として第86回大会が2018年6月に、そして最終第8戦として今回の第87回大会が開催された。1シーズンに2回もル・マン24時間レースが開催されたシーズンだったのである。

TOYOTA GAZOO Racingが2連覇を狙って参戦

ル・マン24時間レース 第87回|le mans 24 hours 87th

ル・マン24時間レースが開催されるサルト・サーキットのメインスタンド前に集合した参戦車両。LMP1、LMP2、LM GTE-Pro、LM GTE-Amの4クラスがあり、LMPの2クラスはレース専用のスポーツプロトタイプカーで参戦し、LMP1の方が性能が上。LMP1の中にハイブリッドクラスのLMP1-Hがある。GTEは市販のスーパーカー(GTカー)をベースにしたWEC用の車両で競われ、プロドライバーで固められているプロクラス、アマチュアドライバーが参加しているアマクラスに分かれる。

 過去にいくつもの日本メーカーが参戦したが、現在、ワークス体制で参戦しているのがトヨタだ。TOYOTA GAZOO Racingとして、最高峰のLMP1-Hクラスにハイブリッド・レーシングカー「TS050 HYBRID」で参戦している。初挑戦から数えて33年、なかなか優勝に手が届かなかったが、2018年開催の第86回大会で遂に初優勝を達成した。

 LMP1クラスでハイブリッド車を参戦させているのはTOYOTA GAZOO Racingのみで、そのほかはノンハイブリッド車だ。ノンハイブリッド車はハイブリッド車よりもマシンを軽量にできるなどの技術規則的に有利な部分がある。しかしトヨタの技術力がそれを上回っており、マシンスペック的には「TS050 HYBRID」は向かうところ敵なし。ライバルはチームメイトのみという状況であり、「トヨタが総合優勝して当然」と誰からも思われているのが、今大会の背景だ。

 しかし、何が起こるかわからないのがル・マン24時間レース。"魔物が棲む"とまでいわれる過酷さで知られ、実際にTOYOTA GAZOO Racingも3年前の第84回大会では悪夢を見た。残り5分まで圧倒的リードを作りながら、まさかの失速により優勝を逃すという経験をしたのである。つまり「総合優勝して当然」と思われることは、想像以上にプレッシャーのかかる状態のはずで、それこそがTOYOTA GAZOO Racingの最大の敵ともいえるような状況である。

最高の加速性能を有するといわれるハイブリッド・レーシングカー「TS050 HYBRID」

 「TS050 HYBRID」は、TOYOTA GAZOO Racingが2016年から投入したハイブリッド仕様のスポーツプロトタイプカーだ。同車の最高出力は、エンジンとモーターの合計で1000馬力。コーナーの立ち上がりなど、加速が必要なときにモーターが4輪をアシストする仕様で、ガソリンエンジン車では不可能な高加速を実現する。そのため、現在のレーシングカーの中では最高の加速性能を誇る1台といわれる(最高速も時速300kmを優に超える)。

 そして「TS050 HYBRID」のカーナンバーは第86回大会と同一シーズンであることから、7号車と8号車のまま。7号車のドライバーは、小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスのトリオ。8号車は、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソのトリオだ。ちなみに元F1王者のアロンソは今回でル・マン24時間レースを卒業と宣言している。

 予選は6月13日に行われ、全長13.629kmのサルト・サーキットを、小林可夢偉のアタックで7号車が3分15秒497で駆け抜けてポールポジションを獲得。中嶋一貴がアタックした8号車は3分15秒908で2位となった。

ホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイ、小林可夢偉

7号車を担当するドライバートリオ。左からホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイ、小林可夢偉の3選手。2018-19スーパーシーズン第4戦として、2018年10月14日富士スピードウェイで行われた「富士6時間」で撮影されたもの。

8号車のトリオ。左からセバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ、中嶋一貴。2018-19スーパーシーズン第6戦として、2019年3月18日に行われたセブリング1000マイル(米国)で撮影されたもの。

→ 次ページ:
レース展開&来シーズン以降について!

ル・マン24時間レース関連記事