2022年01月18日 18:00 掲載

ライフスタイル 独創的な自転車が集う「ハンドメイドバイシクル展」。今年はリアル開催

2022年1月22日(土)~23日(日)、科学技術館にて、国内最大級のオーダーメイド自転車展示会「2022ハンドメイドバイシクル展」が開催される。各社の巧みな技術やハンドメイドならではの魅力を体感しよう。

くるくら編集部 海野 亜矢子

2022ハンドメイドバイシクル展

魅力溢れるオーダーメイド自転車が大集合

 昨年は、新型コロナウイルスの影響により、オンライン開催となった「ハンドメイドバイシクル展」が、2年ぶりにリアル開催される。

 「ハンドメイドバイシクル展」とは、一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センターが主催し、国内のハンドメイドビルダー達により造られた自転車やパーツを展示している。近年は3,000人近くの来場者が訪れる、国内最大級のオーダーメイド自転車展示会だ。過去の開催では、プロの自転車競技選手が実際に使用した競技自転車なども展示された。

 今回の展示会には、国内の有名ビルダーから日本初の自転車専門学校まで、さまざまな企業38社が参加予定。職人のこだわりを知り、独創的で細部まで丁寧に造りこまれたハンドメイドバイシクルやパーツの魅力に触れることができる。

 イベントでは、ハンドメイドビルダーや著名人によるトークショーが開催されるが、YouTubeでもライブ配信を行う予定で、直接会場に行かなくても視聴できる。また、22日のトークショーには、進行役にツアー・オブ・ジャパン大会ディレクター栗村修氏が登場する。

 既製品にはないハンドメイド自転車の魅力は、自転車愛好家だけでなく、乗り物好きなら広く楽しめそうだ。ぜひこの機会に技術の粋を覗いてみてはいかがだろうか。

【開催概要】
開催日:2022年1月22日(土)・23日(日)
開催時間:9:30~16:50(23日は16:30まで)
会場:科学技術館 催物場1~5号館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
主催:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
後援:自転車活用推進議員連盟/自転車活用推進本部

※新型コロナウイルス感染症対策(マスクの着用・会場入口にて検温・手指消毒・混雑時の入場制限など)を実施のうえ、開催いたします。
※ハンドメイドバイシクル展の見学(催物場)は予約不要(無料)ですが、科学技術館(催物場を除く)への入場は「事前予約制」で有料となります。

2022ハンドメイドバイシクル展

http://cycle-info.bpaj.or.jp/?tid=100528

科学技術館

http://www.jsf.or.jp/info/2021/12/reopen.php

ライターお勧めの関連記事はこちら