2020年10月31日 23:00 掲載

ライフスタイル スマホでカーアクションゲーム6選。空を飛んだり曲芸したり!?

スマホゲームにおいて一大ジャンルであるクルマゲーム。クルマゲームというとレースを思い浮かべやすいが、それ以外のアクションゲームも数多く存在する。ここでは、反射神経や精密な操作をあまり必要とせず、シンプルでいながら夢中になれる内容の6作品を紹介する。

神林 良輔

「Blocky Car Racer」。3つのモードがあり、街中を自由に走れるオープンワールドモードは自由自在に走れる。(c) mobadu

「Blocky Car Race」。ブロックのようなクルマで街中を自由に走れる。(c) mobadu

 カーアクションゲームと一口にいっても、内容も難易度もさまざまだ。今回は、反射神経や精密な操作を必要としない入門レベルから、ちょっとだけコツが必要なミドルレベルまでを集めてみた。操作方法などはシンプルではあるが、高得点を出すにはそれなりにコツがいるものばかりだ。どうすれば高得点を出せるか、またさらに先のステージへと進めるか、工夫しながら楽しんでみよう。

クルマとは空を飛ぶための乗り物だった!?
「Crash Delivery」(WRGames publishing)

「Crash Delivery」。クルマで空を飛び、どこまで飛距離を伸ばせるかを楽しむゲーム。(c) 2020 White Room Games

画像1。「Crash Delivery」。クルマで空を飛び、どこまで飛距離を伸ばせるかを楽しむゲーム。日本語に対応。(c) 2020 White Room Games

 「Crash Delivery」(日本語タイトル「クラッシュデリバリー」)は、クルマを飛ばし、飛距離が伸びれば伸びるほど高得点(資金)を得られるゲーム。どこまで遠く飛ばせるか、自己記録との闘いともいうべき内容だ。飛行後に得られる資金は、エンジンの出力向上と、アフターバーナー用燃料を増量するアップグレードに使用でき、性能を向上させては飛行しての繰り返しとなる。

 操作は簡単で、ステアリングやブレーキなどは一切必要なし。タップし続けるだけで、クルマは勢いよく走っていって自動的に空中に飛び出す(画像1左)。そのままタップしたままでいると飛んだ瞬間からマフラーから炎が噴き出し、アフターバーナーのようにして飛んでいく(画像1中)。アフターバーナーは搭載している燃料分だけ噴かすことができ、また画面から指を離せば噴射を止められる仕組みだ。

 墜落して地形の凹凸に応じて転がり(画像1右)、最終的に止まった地点が到達地点となる。地形によってはバウンドしてさらに到達距離が伸びることもあれば、弾き返されて距離が短くなってしまうことも。ステージごとにゴールとなる到達距離が設定されているが、それを超えてさらに遠くを目指すことも可能。またステージごとに特色があり、景観や地形の凹凸、障害物の種類や数なども大きく異なる。

 現実の世界ではあり得ない、クルマという高額商品で空を飛ぶという爽快感と、まるでゴルフで飛距離を競うドラコンのような面白さを掛け合わせた本作。さらに飛距離を求めて、「あと1回!」と止められなくなる中毒性のあるゲームだ。

ドリフトで180度ターンして駐車!
「Drift and Park」(SayGames/Estoty)

ドリフとして180度ターンして枠内に駐車させる「Drift and Park」。(c) Estoty

画像2。「Drift and Park」。ドリフトして180度ターンして枠内に駐車させる内容だ。日本語に対応。(c) Estoty

 東京やロンドン、カイロなど、世界中の大都市を舞台に、空いている駐車枠を見つけたらドリフトさせて180度ターンを決め、ぴったりと枠内に駐車するのを目指すゲーム(画像2左)。画面をタップするとドリフトを開始し、指を離すとドリフトを終了して駐車するので、枠に収まっていればポイントゲット(画像2中)。駐車に成功すると、即座に次のゲームがスタートし、空いている駐車枠を見つけては駐車させていく。そしてステージごとに設定された得点を超えるとクリアだ。

 駐車で高得点を挙げるには、ドリフト180度ターンをして、枠内に真っ直ぐきれいにする必要がある。多少斜めだったり枠から少しはみ出したりしても問題ないが、はみ出しすぎると駐車違反でアウトだ(画像2右)。また、駐車枠でないところに止めてしまったり、枠内でも勢い余って横転してしまったりすると、同様にパトカーが駆けつけてきてゲームオーバーとなる。

 ドリフトを決めてピタリと枠内にきれいに駐車できたときの爽快感から、何度もプレイしたくなるゲームだ。

追跡車を同士討ちさせて振り切れ!
「Police Pursuit」(Kwalee)

追跡車両を同士討ちさせてステージをクリアしていく「Police Pursuit」。(c) 2018-2020, Kwalee Ltd

画像3。「Police Pursuit」。追跡車両を同士討ちさせてステージをクリアしていく。日本語に対応。(c) 2018-2020, Kwalee Ltd

 プレイヤーは追われる立場。パトカーを初め、機関車、サンタのそり、ロケット、UFOなど、ありとあらゆる追跡者が追ってくるので、それをうまく同士討ちさせて倒すゲームだ(画像3左)。プレイヤーのクルマは画面の左右どちら側かをタップするとその方向にステアリングを切っていくので、画面の四方八方から現れる追跡者の体当たりを避けつつ、走り続けていく。クルマには耐久力があるが、何度も体当たりを食らうと破壊されてゲームオーバーだ。

 倒した追跡車両が、一定台数を超えるごとに選べるマイカーの種類が増えるが、どの車種も武器は搭載していない。あえて複数のクルマに追跡させ、それらの走行ラインが重なるよううまく誘導し、同士討ちにさせて倒していくことになる。うまく追跡者のラインを交差させて同士討ちにさせたときの気持ち良さが最高の一作となっている。

→ 次ページ:
続いては逃走ものや曲芸ものなど

ゲーム関連記事一覧