クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

あなたの知らない首都高が見えてくる!? 写真展「首都高×佐藤健寿」開催!

コミュニケーションの力で交通事故を減らすプロジェクト「ジャパンスマートドライバー」は、2月8日(木)〜2月22日(木)の期間、代官山 蔦屋書店にて、首都高と写真家・佐藤健寿によるコラボレーションの写真展「首都高×佐藤健寿」を開催する。

文=KURU KURA編集部

この記事をシェア

写真展「首都高×佐藤健寿」(会期:2024年2月8日(木)~2月22日(木))

記事の画像ギャラリーを見る

世界を巡る写真家の視点で切り取られた唯一無二の「首都高」

「ジャパンスマートドライバー」は、写真家の佐藤健寿氏が撮影した首都高(首都高速道路)の写真展を、代官山 蔦屋書店にて期間限定で開催する。

世界で初めてできた都市高速道路である首都高を様々な角度で切り取り、レインボーブリッジや大橋ジャンクション、普段なかなか目にすることができないトンネル内の避難通路などを、地下や水上、さらには上空から撮影した写真29点が並ぶ。

主催のジャパンスマートドライバーによれば、「今回の写真展を通じ首都高の歴史やまだ知られていない裏側の姿を知ってもらうことで、道路に対する見え方がちょっと変わったり、なんだか愛おしく思えてくるはず」とのこと。また、展示期間中にはトークイベントも開催される(参加受付終了)。

INFORMATION
写真展 「首都高×佐藤健寿」Presented by JAPAN SMART DRIVER

日時:2024年2月8日(木) ~ 2024年2月22日(木) 9:00 〜 22:00
会場:代官山 蔦屋書店2号館1階(〒150-0033東京都渋谷区猿楽町17-5)
※車・バイクコーナーとギャラリー(デザイン・建築コーナー)の2箇所展示
https://store.tsite.jp/daikanyama/

写真家 佐藤健寿(さとう けんじ)
世界各地の“奇妙なもの”を対象に、博物学的・美学的視点から撮影。著書に写真集『奇界遺産』シリーズ、『THE ISLAND – 軍艦島』ほか。TBS系「クレイジージャーニー」ほか出演。写真展は過去長崎グラバー園、ライカギャラリー東京/京都、群馬県立館林美術館などで開催。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)