クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

引退した路線バスに宿泊できる! その名も「ばすてい」ってどんなサービス?

小田急グループの東海自動車株式会社は、営業終了したバス案内所と路線バスの車両をリノベーションした宿泊施設「ばすてい」の営業を開始した。車中泊ならぬバス中泊、案内所泊ができるという新サービスを紹介しよう。

文=KURU KURA編集部

写真=小田急電鉄株式会社

この記事をシェア

バスと案内所に宿泊できる「ばすてい」とは

宿泊施設に生まれ変わった「宇久須案内所」と路線バス

記事の画像ギャラリーを見る

「ばすてい」は、”バスと過ごす”をコンセプトにした1日1組限定の宿泊施設。「バス」と「ステイ(過ごす)」を合わせて「ばすてい(=バス停)」と名付けられた。営業終了したバス案内所「宇久須(うぐす)案内所」と路線バスの引退車両を、宿泊施設へとリノベーションした施設だ。

宇久須案内所は、築73年の木造亜鉛メッキ鋼板葺平屋建ての建物で、延床面積は71.90平方メートル(21.75坪)。鉄道との直通乗車券を販売する「宇久須駅」の愛称で親しまれてきたが、2022年3月31日に案内所としての役目を終了した。木彫りの看板を掲げた趣ある雰囲気が特徴。

引退した路線バス「いすゞ・ジャーニー」

路線バスは、東海バスグループが所有していた最後の車両「いすゞ・ジャーニー」(初年度登録1999年、中型バス)。主に沼津、三島地区で24年間、路線バスとして活躍した車両。塗装は、現役車両とは違う、かつて伊豆半島各地を走っていたレトロカラーに変更された。

待合室がダイニング! カウンターがキッチンに

待合室は、当時の面影を残したダイニングルームへリノベーション。

旧案内所と路線バスはいったいどのように生まれ変わったのだろうか。

旧案内所の待合室だった場所は、飲食が可能なダイニングルームにリノベーション。内装の見た目は、当時とほとんど変わらないように補修。木のベンチや、図書室のように本を自由に手に取れる書棚も復元された。

カウンターと事務所はキッチンに生まれ変わった

旧案内所内の寝室はシングルベッド2台

案内所のカウンターと事務室だった場所はキッチンになった。営業当時は観光案内や乗車券の販売をしていた、スタッフしか入れなかった場所で調理をするのは、少し不思議な気分になることだろう。また、食材を事前予約すると、地域の民宿や漁協の協力のもと海の幸を盛り込んだ食材セットが用意される。

倉庫などとして使われていた部屋は、浴室・トイレ・洗面などの設備とベッドルームになっている。

バスの中にベッドが設置! 運転席にも座れる。

運転席や入口の料金ボックスはそのままに、乗車スペースをリノベーション。

バスは旧案内所の横に設置。車内は、3名分のベッドと軽飲食のできるボックス席が設けられ、家庭用のエアコンやコンセントなども完備されているので快適。ボックス席のシートなどは、バスのシートを再利用しているので、バス感あふれる雰囲気も感じることができる。

行き先表示を変えたり、降車ボタンを押したりできる。

待合室からバスを眺める様子

さらに、運転席に座って大きなハンドルを回したり、行先表示ボタンを操作したり、降車ボタンを何度も押したり、普通のバス乗車時にはできないような体験ができるという。

路線バスの運転席には、子どものみならず大人も興奮してしまいそう。さらに、案内所の木のベンチに座って窓からバスを眺めれば、まるで営業当時にタイムスリップしたかのようなノスタルジーに浸ることもできるだろう。

宿泊は1日1組貸し切りで3万4000円(税込)から。宿泊定員は旧案内所2名とバス3人の計5人。予約はインターネットで受付中。

【施設概要】
■旧案内所建物
・建物延床面積:71.90平方メートル(21.75坪)
・構造:木造亜鉛メッキ鋼板葺平屋建て
・築年数:1950年(築73年)

■路線バス(引退車両)
・車種:いすゞ・ジャーニー
・サイズ:中型
・年式:初年度登録1999年

■その他
・駐車場:1台
・宿泊定員:5名(案内所建物2名/バス3名)
・チェックイン/アウト:15時から/10時まで
・宿泊料金:1棟1泊 34000円~(税込)
※食事予約は別途料金
※仕入れ状況により食事の内容は画像と異なる場合あり

■所在地、アクセス
・住所:静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須249-2
・東海バス 三島駅発 特急 松崎行き
「BP(バイパス)宇久須」バス停下車(所要時間:約90分)徒歩4分
・東海バス 修善寺駅発 快速 松崎行き
「宇久須」バス停下車(所要時間:約70分)正面

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)