クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2023.08.02 公開日:2023.08.02

都内の一般道は、お盆期間前の平日が混雑のピーク!【お盆 渋滞予測2023】

警視庁では、8月4日~16日までの13日間における、都内一般道路の渋滞を予測している。それによると、8月8日~10日にかけて環状八号線外回りの三本杉陸橋付近ー四面道付近では最大8.8km近くの渋滞が発生する見込みだ。他にはどの通りがいつ混雑しそうなのか、確認してみよう。

文=KURU KURA編集部

資料=警視庁

(c)あすか - stock.adobe.com

記事の画像ギャラリーを見る

渋滞指数で見る、今年のお盆の渋滞予測!

都内一般道における渋滞予測は、お盆期間前の平日7日(月)から10日(木)にかけて増加する見込みで、逆にお盆期間中の11日(金・祝)から16日(水)までは通常よりも道路が空くようだ。

環八通りなどはいつも渋滞している印象だが、お盆期間前では渋滞規模が変化する。これを数値化して見てみると、2022年の都内一般道の平均渋滞長を”100″と表す場合、混雑が予想される8月4日が138、7日が128、8日が128、9日が162、10日が188と予測されていることから、9日と10日が都内の一般道がお盆期間前後で最も混雑する日になりそうだ。

8月11日からのお盆期間に入ると各高速道路で渋滞が発生するが、都内一般道においては11日が47、12日が40、13日が36、14日が30、15日が39、16日が41と、渋滞指数も低く普段の渋滞よりは利用しやすい状態となるようだ。

期間中の日別渋滞予測。今回の渋滞指数は、都内一般道路で予想される渋滞長について、2022年の平均渋滞長を100とした場合の数値となる。

8月10日の環八通りの渋滞が最大規模!?

2023年のお盆期間前後で特に激しい交通渋滞が予測される路線や区間は次の通りだ。

(各項目は道路名、区間、渋滞長、ピーク時間の順で記載)

■8月8日(火)

・環八通り(外回り)の環八五日市~三本杉陸橋付近まで
約6kmの渋滞、ピークは18:00~19:00ころ

■8月9日(水)

・環八通り(内回り)の環八中の橋~観蔵院入口付近まで
約6.9kmの渋滞、ピークは7:00~8:00と、11:00~12:00ころ

・川越街道(上り)の熊野町~下赤塚付近まで
約6.3kmの渋滞、ピークは8:00~9:00ころ

・環八通り(外回り)の環八五日市~瀬田付近まで
約7.6kmの渋滞、ピークは18:00~19:00ころ

■8月10日(木)

・環八通り(内回り)の環八中の橋~観蔵院入口付近まで
約6.9kmの渋滞、ピークは6:00~8:00ころ

・環八通り(内回り)の多摩美大前~環八中の橋付近まで
約7.6kmの渋滞、ピークは11:00~12:00ころ

・川越街道(上り)の大山交番前~成増付近まで
約6.9kmの渋滞、ピークは9:00~10:00ころ

・玉川通り(上り)の大橋~瀬田付近まで
約6.3kmの渋滞、ピークは12:00~13:00ころ

・環八通り(外回り)の四面道~三本杉陸橋付近まで
約8.8kmの渋滞、ピークは19:00~20:00

これらの渋滞には特に注意したい。また、首都高と都内一般道路はどちらもお盆期間前の平日の方が混雑する見込みで、渋滞も連動しているので渋滞情報はこまめにチェックしておこう。

首都高・アクアラインの渋滞予測記事はこちら

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)