2023年01月18日 06:00 掲載

交通安全・防災 バイクに乗ると、視線は路面中心になる?|長山先生の「危険予知」よもやま話 第13回


話・長山泰久(大阪大学名誉教授)

"譲り合い"に潜む危険に注意

編集部:こちらを見ているのに出てくるなんて、かなりの無茶ぶりですね。

長山先生:道路形状的にはこちらが優先なので、脇道から出てくる車は停止して待つ必要がありますが、相手が急いでいるような場合、無理に出てくる危険性があります。また、「相手も気づいているので譲ってくれるだろう」と考えるドライバーもいます。

編集部:勝手な思い込みをするドライバーもいて、油断なりませんね。

長山先生:そのとおりです。特に相手がバイクだと、「譲ってくれる」とか「譲らせればいい」と思うドライバーもいるのではないでしょうか。相手がダンプカーのような大きな車では、そうはいきませんが。

編集部:"弱い者いじめ"みたいですね、それでは。

長山先生:車体の大きな車や高級車と比べると、バイクや小型の車は軽視されることがありますね。

編集部:たしかにそうかもしれません。同じバイクでも、原付バイクは特に甘く見られるような気がします。逆に言えば、バイクに乗る場合、相手の動きに十分注意して、本当に譲って停止してくれたのか、しっかり確認しないといけませんね。

長山先生:そのとおりです。バイクの場合、相手が強気で出てくる可能性がありますし、車体が小さくて見落とされる危険性もあります。一見、自分のために止まったように見えても、実は違う理由だったというケースもあるので、相手と目を合わせてお互いの意思を確認する「アイコンタクト」などを行う必要があります。

編集部:譲ったり譲られたりする行為は、ちょっと取り違えると事故になりかねないので注意しないといけませんね。

長山先生:そうです。「譲り合う」ということは日本人の優れた心根ではありますが、運転する場合にはそれなりの状況判断が必要で、周囲の状況を十分確認しないと事故になりかねません。たとえば、今回左側から車が出てきたので、あなたが減速して譲ったとします。しかし後続車にとってあなたが右折車線の途中で停止するのは想定外のことなので、追突される危険があります。

編集部:たしかにそうですね。私も以前、道を譲ろうとした前車が急に停止したことがあり、追突こそしなかったものの、「あえてここで譲らなくても!」と思ったことがあります。

長山先生:私は「譲り合う」ことを決して否定しませんが、「相手が譲ってくれる」と安易に決め込まないことが事故を起こさないための重要なポイントだと思っています。すなわち、安全は自分が確保するべきものであり、相手に期待する運転は行わないことを鉄則としています。ときどき、相手が止まったり、相手が回避するのを前提に不用意な行動をとる人がいますが、私は少しでもリスクがあれば、そのような行動は絶対にとりません。

編集部:なるほど。それが事故を起こさない慎重な行動の源になるのですね。これまで長山先生は小さい頃から危険感受性が高く、慎重な性格だったと伺っていますが、リスクを避けるという考え方も小さい頃から身に付いていたのですか?

もっと【長山先生の「危険予知」よもやま話】を読む