2022年06月22日 12:50 掲載

交通安全・防災 ピラー(柱)の死角が大きくて、代車を断った?|長山先生の「危険予知」よもやま話 第8回


話・長山泰久(大阪大学名誉教授)

相手に見落とされない配慮も必要

編集部:もうひとつの原因である「ピラーの死角」については、先ほど触れられた右側のピラーのほうが死角が大きいことが問題なのですか?

長山先生:そうです。下図が先ほど説明した運転席(右Aピラー)と助手席(左Aピラー)の死角の違いを図で示したもので、ピラーは同じ太さでも、運転席のピラーはドライバーの目線近くにあるため死角は大きくなるのに対して、助手席のピラーはドライバーから離れているぶん、死角の大きさはより小さくなります。つまり、右側から来る車両は左側からと比べて発見しづらく、発見が遅れる傾向が強くなります。

編集部:図で見ると違いがよく分かりますね。バイクに乗っている人も、このように死角があることを知っておく必要がありますね。

長山先生:そのとおりです。米国ではピラーの死角以外に二輪車の走行位置の違いでドライバーからの視認性も変わる点に着目して、二輪車教育に生かしています。米国では右側通行ですので、日本の左側通行に変えて説明したいと思います。二輪車から見て交差点の左側から接近してくる、あるいは左側に停止している四輪車は、右側の四輪車に比べて危険性が高いと解説しています。

編集部:立場は変わりますが、車から見て右側から来るバイクのほうが危険であるというのと同じことですね。

長山先生:そうです。危険な理由として、これまで説明した点と同じで、お互いの進路が近い点などを挙げていますが、興味深い点にドライバーから見て、右側から来る二輪車は左側からの二輪車に比べてより正面から見ることになり、視認性が低くなる点があります。

編集部:右側から来るバイクは手前を走っているぶん、交差する道路からバイクが来る右側を見た場合、バイクの正面を見る形になるということですか? でも、正面だと、なぜ視認性が低くなるのでしょうか?

長山先生:バイクを正面から見たのと横から見た場合を想像してみてください。正面から見た場合は、バイクは小さい面ですが、横から見ればバイクの側面が見えるので、より大きな面として目に入ります。実際は真横が見えるわけではなく、斜めから見る形になりますが、それでも右より左から来る二輪車のほうがドライバーから見える面積は大きくなるので、より見落とされる危険性も低くなるのです。そこで、二輪車は左からの四輪車との事故を防止するため、自分の像を少しでも大きく見えるように、走行位置を右に変えることを教えているのです。

編集部:左に寄りすぎないことは死角に入らないだけでなく、相手に少しでも大きく見せることで、見落とされないようにする目的があるのですね。

長山先生:事故に巻き込まれないための防衛運転と言えるでしょう。四輪車側には事故の当事者にならないために「安全運転」をする必要がありますが、安全運転とは具体的にどんな運転をすればいいのか、分かりますか?

もっと【長山先生の「危険予知」よもやま話】を読む