次世代技術 日産が目指すのは究極の運転支援技術──清水和夫が徹底解説「先進運転支援システム 2022」<日産篇>

【ギャラリー1】

次世代のライダーでは現行の2倍以上となる300m先までの検知距離を目指している。その理由は、世界の高速道路の一般的な最高速度130km/hで走行中に、渋滞末尾の停止している車両を検知して、通常の車線変更で回避することをできるようにするため、と日産は語る