2018年03月30日 15:52 掲載

ニュース・プラス 【モーターサイクルショー2018】
大迫力のV8・6200cc・445馬力のビッグ・エンジン!!
でも…、クルマのエンジンじゃないぞ!?


身長2m・体重100kg以上じゃないと乗りこなせそうにない!?

np180328-01-02.jpg

「LS445 GANGSTA」の全身図。バイクやトライクで片側から4本も出ているエキゾーストパイプは、ボスホスの大型バイクやトライク以外ではなかなかお目にかかれない。さらに、ラジエター用の大型ファンもインパクトがある。バイクと違ってトライクは体重を利用して車体を傾けてコーナリングできないため、普通に走るだけでもかなりの腕力や体力・体格が必要と思われる。

 さらに、価格も驚異的。「LS445 GANGSTA」はカスタマイズできるため、価格に幅があるのだが、今回展示された仕様は、本体が889万9200円(税込)。これにいくつかパーツを追加しているため、トータルすると950万円ほどになるという。スペックは以下の通りだ。

【スペック】
全長×全幅×全高:3500×1450×1270mm
乾燥重量:680kg
トランスミッション:4速AT
タイヤサイズ:前130/90-16・後235/60 R-17
外装色:カスタムペイント

【エンジンスペック】
種類:水冷V型8気筒OHV(4サイクル)
排気量:6200cc
最高出力:445HP(331.8kW)/5750rpm
最大トルク:603.3N・m/4750rpm
燃料タンク:32L
燃費:市街地10.0km/L、高速12.0km/L

np180328-01-03.jpg

昨年のモーターサイクルショーのサクマエンジニアリング・ブースに展示された、「LS445 GANGSTA」。カラーリングが異なるだけでなく、細かい形状や使われている素材などが異なる。

2018年3月30日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)