2018年03月02日 01:00 掲載

くるナンデス 【グラフでわかる!】
2017年カテゴリー別販売台数。
へぇ、あのクルマが売れてたのか!


kn180222-01-01.png

 一般社団法人日本自動車販売協会連合会は毎月、クルマの販売台数に関して車種別やブランド別などのさまざまな資料を発表している。その資料をもとに、複数の切り口でグラフ化してお届けしているのが「グラフでわかる!」シリーズだ。

 今回は、2017年の普通車販売台数ベスト30の情報をベースに、普通車を大きく4カテゴリーに分け、それぞれの2017年の販売台数を見てみよう。なお、普通車および軽自動車の車種(車名)別の販売台数ベスト30はこちらに掲載した(新しいタブが開きます)。

まずはカテゴリー別販売台数合計

 まずは、普通車販売台数ベスト30の内で、カテゴリー別の販売台数合計から。カッコ内の車種数は、ベスト30にランクインしたそのカテゴリーの車種数だ。なお、ステーションワゴンが1台(ホンダ「シャトル」)あるが、セダンやミニバンに組み込まず、下のグラフには含めなかったので、車種数の合計は29車種となっている。

kn180222-01-07.png

低価格で購入しやすい、取り回しや燃費もいい、といった理由からコンパクトカーは人気車種が10車種と多く、それだけ販売台数も多くなる。ミニバンもファミリーユースとして安定して人気が高い。セダンとSUVは同じ5車種ずつだが、セダンはトヨタ「プリウス」の販売台数の多さが貢献したものと思われる。なお今回はグラフには加えていないが、軽自動車も触れておく。その内、上位10車種の合計は119万508台(軽乗用車全体の82.4%)。

→ 次ページ:
10車種がしのぎを削るコンパクトカー市場!