2017年05月25日 09:52 掲載

フリフリ人生相談 「調和を求める日本」と「個性を伸ばす西洋」の間で毎日揺れ動く私


ライター・松尾の右往左往

こういう若いかたから、国際的な質問をいただくと、なにやら「フリフリ人生相談」の格も上がる気がしますなぁ。いや、べつに、お悩みに貴賤があるって言ってるわけじゃないですよ。
アイドルオタクで悩んでいるひとも、日本とスイスのアイデンティティに悩んでいるひとも、自分の個性に悩んでいるという意味では似ている気がします。

フリフリ人生相談の登場人物たちは、そういう意味では確信犯的に個性的なので、それぞれのキャラクターがそれぞれの言葉で「それでいいんじゃない」とアドバイスしているのではないでしょうか。
いまさら「自分の性格」に悩んだところで、しょうがない。

「ひょうたんのようにフラフラ揺られて生きたいなぁ」

と、過去のお悩みで、バンジョーが答えてましたが、まぁ、格言です。
ただ、揺られているだけでは満足しない個性もあって、バチンバチンはじけたり、ぴょんぴょん飛び跳ねたりして、まわりに迷惑かけてる、ウザがられている、浮いている......なんていうのが、まぁ、人生相談にやってくる、と。

スイスでは、あまり「フラフラ揺られて生きている」ってひとは少ないのでしょうね。だから、まぁ、リナさんは悩んでいる、と。

でも、いいじゃないですか。18歳。まぶしいですなぁ。と、遠い目の私です。