2020年02月28日 15:00 掲載

クルマ コロナ対策で、全日本ラリー選手権の新城ラリー2020が無観客開催に

3月13日から15日に開催される全日本ラリー選手権の新城ラリー2020が、コロナウイルス感染の拡大を防ぐために、無観客で競技を実施すると主催団体から発表された。開催に向けて準備を進めていたが、来場者、選手、ボランティアの安全確保を優先し判断にいたったという。

くるくら編集部 小林 祐史

コロナウイルス感染の拡大を受けて、主催団体が決断

2019年に開催された新城ラリーの様子

2019年に開催された新城ラリーの様子。写真:トヨタ

 2020年シーズン開幕戦だった新城ラリーは、コロナウイルスの感染拡大を受けて、無観客で競技のみを開催するという決定を下した。これにより313日(金)に予定していたセレモニアルスタート並びに14日(土)、15日(日)に県営新城総合公園および鬼久保ふれあい広場で予定されていた企業出展・飲食店などといった催しは、すべて中止となる。

 また県営新城総合公園内で行う予定だったSS(スペシャルステージ)も中止となり、臨時駐車場の設置や、会場へのシャトルバスの運行も取りやめとなった。

 なお今後の事態の推移に伴い、新たな情報がある場合は公式ウェブサイトなどから告知を行うそうだ。観戦チケットの払い戻しに関しては、公式ウェブサイト(下記)に掲載されている。

新城ラリー2020無観客開催のご連絡(http://www.shinshiro-rally.jp/important_notices.html

 全日本ラリー選手権の2020シーズンは、第1戦ラリーつま恋(群馬県)が台風19号の被害から復旧していないことを理由に中止となっていたため、新城ラリーは2020年シーズンの開幕戦としてラリーファンに待ち望まれていた1戦だった。

関連する記事