2019年11月01日 18:30 掲載

クルマ 【東京モーターショー2019】色鮮やかなナンバープレート展。新たな地方版図柄入りナンバープレートにも注目。


くるくら編集部 会田 香菜子

人気急上昇の希望番号「エンジェルナンバー」って?

 1122(いい夫婦)、2525(にこにこ)など語呂合わせ、特別感がある1桁番号、末広がりで縁起がよい8888。これらは、全国、または地域限定で抽選対象になっている人気の希望番号だ。
 全国自動車標板協議会では、希望番号の申請スタート時からの累計で人気ランキングを作成している。

【全国希望番号人気ランキング(政令指定都市別)】(2019年7月時点)

全国希望番号人気ランキング(登録車5ナンバー)全国希望番号人気ランキング(登録車3ナンバー)

全国希望番号人気ランキング(軽自動車5ナンバー)

出典:一般社団法人 全国自動車標板協議会

 そんな希望番号の中でも、筆者が事前にWEBで見かけて気になっていたのは、「エンジェルナンバー」というもの。エンジェルは天使...となると何やら幸せなナンバーということだろうか。尋ねてみると、亀田企画課長は「あー、ありますね!」と楽しそうにうなずいた。
 「358がそれぞれ風水では、「3」は金運、「5」は帝王、「8」は発展・成功と運気アップの数字だそうです。そこで幸運を呼び込む番号ということで『エンジェルナンバー』と呼ばれるようになったのだと思います」(亀田企画課長)
 ランキングでも、ここ近年で急激にランクインしてきている番号なのだとか。
 「他にも語呂合わせで3(沙悟浄)5(悟空)8(猪八戒)なんて、西遊記をイメージして選ぶ人もいるそうですよ」(亀田企画課長)と、続けて教えてくださった。そして、語呂合わせとなれば地域性も出てくるようで、山形の郷土料理「三五八漬け」から選ぶ人もいるそうだ。
 ランキングを見てみると、登録車より軽自動車に「358」ナンバーが多い。この差は何なのだろうか、とちょっと考えてみた。ふと思ったのは、軽自動車の所有者の男女比。WEBで調べてみると軽自動車を運転する割合は、女性の方が高い。そして、女性は占い系ワードに弱いもの。
 風水絡みの番号が軽自動車に多くランクインしているのは、ひょっとしたらこれが要因のひとつだったりするのではないだろうか。
 このエンジェルナンバー、さらに西の地域により多くラインクインしている。全国の神社仏閣の分布を調べてみると、西に多い傾向にある。ということは、「信心深さ」などが関係しているのかな...なんて、少し大げさに予想しすぎただろうか。
 とにかく、全国で人気が急上昇しているエンジェルナンバー・358。ランキングを見ても、確かにこの数字の存在感は大きいものだ。

こんな語呂合わせあり!? 変わり種希望ナンバーの数々。

 さて、希望番号には変わった語呂合わせもあるようだ。
 以下は一例であるが、地域性や趣味などがうかがえる番号ばかりで見ているだけでも面白い。

【希望ナンバー 変わり種語呂合わせ(一例)】

ナンバープレート展:全国変わり種語呂合わせナンバー。

出典:一般社団法人 全国自動車標板協議会

 好きなチームやアーティストの語呂合わせには愛を感じられるし、地域の名勝もセンスを感じる。一見してわかりやすいものから、ちょっとひねられたものまである。「実はこのナンバーさ...」なんて、話題にすることも楽しそうだ。
 眺めていると、自分でも希望ナンバーを付けてみたくなってしまう。筆者だったら、好きなアーティストに絡んだ番号にしてみたいな、なんて。こだわりのナンバーを付けた車でのドライブは、今までよりも特別なものにも感じられそうで素敵だ。

 マイカーユーザーにとってナンバープレートは当たり前の存在。しかし身近だから、その役割などを改めて考えてきたことはなかった。ナンバープレート展では、そうした基本的な知識を改めて学べるコーナーから、ご当地愛を感じられる図柄入りナンバープレートの一覧までを楽しむことができた。
 あって当たり前なものという印象は一変し、さまざまな想いが込められているのだということを知れる良い機会となった。

ライターお勧めの関連記事はこちら