2020年10月31日 23:00 掲載

ライフスタイル スマホでカーアクションゲーム6選。空を飛んだり曲芸したり!?


神林 良輔

ブロックでできたクルマで街中を暴走!
「Blocky Car Racer」(mobadu)

ブロックでできたようなクルマで、ブロックでできたような街中を走る「Blocky Car Racer」。(c) mobadu

画像4。「Blocky Car Racer」。ブロックのようなビジュアルが特徴。日本語非対応だが、英語表記はそれほど難しくない。(c) mobadu

 ブロックでできた街中を、同じくブロックでできたような外観のクルマに乗って走る手軽なドライビングゲーム。視点は後方斜め上方から見る第3者視点がメインだが、運転席視点、1人称視点など複数が用意されている。ゲームモードは、「DEMOLITION」、「RACE」、「CITY」の3種類だ。

 「DEMOLITION」はその名称が示すとおり、"破壊"が目的だ(画像4)。一直線に続く片側2車線の道路を舞台に、対向車線も含めて周囲のクルマにとにかく体当たりを敢行。1分間に何台のクルマを破壊できるかという内容だ。ベストスコアが記録されるので、自分との闘いとなる。操作は左右のステアリングと、停車を含めた速度調節を行えるが、前進するのみで、右左折やUターン、バックなどはできない。

 「RACE」は「DEMOLITION」と同じ道路が舞台。ただし、ほかのクルマなどには一切衝突してはならず、走り続けて高得点を狙う内容だ。操作方法は「DEMOLITION」と同じとなっている。「RACE」の道路では、至る所で道路工事や消火活動などが行われており、踏切もあって鉄道も通過する。多数の障害物がドライバーの前に待ち受けているので、ときには対向車線に飛び出してでもそれらを回避し、走り続けていくのだ。

 そして特殊なモードが「CITY」だ。同モードは何かを競うわけではなく、広大な街中を自由気ままに探索して楽しむモードだ。さまざまな仕掛けが用意されており、駅では鉄道に、空港ではセスナ機に乗ることが可能。そのほか、各所に用意された爆薬(ドラム缶)に接触することでさまざまなイベントも発生。マップが用意されているので、それを見ながら広大な街中を散策できるモードとなっている。

 現実にはできない走りを自由にできるのが本作の魅力。中でもCITYモードは、街中を自由に走れて、広大なマップを探検する自由さがある。マップ中に散りばめられた仕掛けを探すのもまた楽しい一作だ。

跳ねて回転して空中で曲芸しながら駐車場を目指せ!
「Car Flip」(Never Games)

トランポリンでジャンプして、輪っかを潜ったりクルクルと縦回転したりと曲芸をしながら駐車場を目指す「Car Flip」。(c) Nevar Games

画像5。「Car Flip」。トランポリンでジャンプして、リングを通り抜けたりクルクルと縦回転したりと、曲芸をしながら駐車場を目指す。日本語非対応。(c) Nevar Games(Android版のパブリッシャーはCASUAL AZUR GAMESで、iOS版はAI Games FZ)

 アメ車系の大型オープンカーをトランポリンを使って跳ねさせ、リングを潜ったり、障害物を縦回転しながらかわしたりと曲芸を披露しつつ、駐車場を目指すゲーム。地面に落ちたらゲームオーバーで、リトライとなる。

 操作は、スタート地点からトランポリンまでホッピングさせる距離を決めるところから始まる(画像5左)。放物線が表示されるので、トランポリンのどの辺りにクルマを着地させるかを決め、あとは左右へのスワイプでクルマを前後どちらかの方向に縦回転させるだけ。それで姿勢を制御し、すべり台や建物の屋根、地面などに着地する際に角度を合わせることで転倒を防ぎ、前方へと進んでいく。最終的に駐車枠に止めたらステージクリアだ。アクションパズル的な一面も持った作品となっている。

 この縦回転をFlip(フリップ)というが、何回転したかでステージクリアの際の評価が変わってくる。空中に跳ねている間にクルクルと何度も回転させれば、高得点を狙える。クルマを何度も縦回転させるという非現実的な感覚は、ほかにはない味わいを持った一作である。

 ちなみに搭乗しているのはダミー人形なので、空中で放り出しても問題なし。最終的に駐車枠で止まったときに1体も乗っていなくてもクリアとなる。空中で何度も回転してダミー人形をすべて振り落とすのもいいし、逆に1体も落とさずにゴールするもよし。プレイヤーなりの遊び方で楽しもう。

コーナーとはスリングをフックさせて回るもの
「Sling Drift」(tastypill)

コーナーの杭にスリングをフックさせてドリフとしながら旋回する「Sling Drift」。(c) 2019 Tastypill

画像6。「Sling Drift」。コーナーの杭にスリングをフックさせてドリフとしながら旋回する。日本語未対応。(c) 2019 Tastypill

 「Sling Drift」は、真っ直ぐしか走れないクルマを操って、強制的にドリフトしてコーナーを抜けていくゲーム。ドリフトの仕方が独特で、コーナーが近づいたら画面をタップすると、コーナーの内側にある杭に向かってスリングが発射されてフックされる。それで振り回されるようにして、強引にタイヤを滑らせながら曲がるのだ(画像6左・中)。画面から指を離すとスリングが外れるので、コーナー脱出のタイミングを見て(クルマの向き)うまく外さないと、コースアウトでゲームオーバーだ。

 ステージ設定はなく、コースはどこまでも果てしなく続く。次から次へと現れるコーナーをスリングをフックさせてクリアし、先へ先へと進んでいく内容だ。シンプルな内容だが、今回紹介した中では難易度は高めだ。

 スリングをフックさせてコーナーをクリアするという新鮮な感覚が魅力だ。どこまでドリフトでコーナーをクリアしていけるか、何度も挑戦したくなる。


 今回はレースゲームとは異なる、クルマ系のアクションゲームを紹介した。スマホのゲームは世界中で開発されているため、シンプルだが中毒要素のある秀作が埋もれていることが多い。課金なしで楽しめるゲームもたくさんあるので、秋の夜長にチャレンジしてみてはどうだろう。

ゲーム関連記事一覧