2020年03月19日 12:50 掲載

ライフスタイル 走る前に予習! 首都高・横浜北西線利用マニュアル:横浜青葉IC・JCT編


神林 良輔

東名高速(上り)⇒K7北西線(上り)は急カーブ・急勾配・分合流が連続

画像15。E1東名高速(上り)⇒K7北西線(上り)の連絡路のルート(赤のライン)。

画像15。動画5の東名高速(上り)⇒K7北西線(上り)の連絡路のルート(赤のライン)。この連絡路も右への急カーブが長く続く。

 次に紹介するのは、東名高速からK7北西線(上り)へ乗る際の動画だ。まずは東名高速(下り)から取り上げる。K7北西線(下り)⇒東名高速(下り)ほどではないが、この連絡路も右への急カーブが長く続くのが大きな特徴だ(画像15)。

動画5『横浜青葉JCT「東名高速道路(上り、静岡方面)~横浜北西線(上り、横浜港北方面)」』再生時間1分54秒。

 注意すべきは、まず東名高速(上り)から連絡路が左に分岐した直後、さらにもうひとつ分岐があることだ。ここでは右に進もう。左の連絡路に入ってしまうと、横浜青葉IC出口へ向かってしまうので、間違えないようにしたい。

画像16。E1東名高速(上り)の横浜青葉IC・JCTで、本線から左に分岐したあと、すぐにまた分岐が続く。首都高・神奈川7号横浜北西線に向かう場合は、ふたつ目の分岐では右だ。

画像16。東名高速(上り)本線から左に分岐したあと、すぐにまた分岐が現れる。K7北西線(上り)に向かう場合、ここでは右だ。

 ふたつ目の分岐のあとは東名高速本線をオーバーパスするために4%の上り勾配となり、さらに右への急カーブが待つ。カーブの途中で頂点を越えて5%の下り勾配となり、勾配がなくなるにつれてカーブも終了。そして、東名高速(下り)からの連絡路が右から合流してきて、K7北西線の横浜青葉本線料金所までは2車線区間となる(画像17)。

画像17。横浜青葉JCTでのE1東名高速(上り)⇒首都高・神奈川7号横浜北西線(上り)の連絡路に、途中で右から東名高速(下り)からの連絡路が合流。

画像17。東名高速(上り)⇒K7北西線(上り)の連絡路に、右から東名高速(下り)からの連絡路が合流し、2車線区間となる。

 横浜青葉本線料金所の左レーンは一般専用のため、ETC専用レーンは右レーンのみ。そのため、ここで2車線の連絡路が合流するイメージだ(画像18)。また料金所を通過してK7北西線の本線に入ると、横浜青葉IC入口からの連絡路とも合流となる。合流が続くので、周囲の他車の動きをよく確認しながら走行しよう。

画像18。横浜青葉JCTでは、東名高速からの連絡路が2車線だが、首都高・神奈川7号横浜北西線へ入るための料金所のETC専用レーンはひとつしかない。

画像18。東名高速からの連絡路は横浜青葉本線料金所の手前で2車線となるが、ETC専用レーンはひとつしかない。「早送り中」は自動早送りシーンであることを示す。

東名高速(下り)⇒K7北西線(上り)は分岐の連続

画像19。E1東名高速(下り)⇒首都高・神奈川7号横浜北西線(上り)の連絡路のルート(赤のライン)。

画像19。動画6の東名高速(下り)⇒K7北西線(上り)の連絡路のルート(赤のライン)。

 東名高速(下り)⇒K7北西線(上り)の連絡路は、画像19の通り、ほかの連絡路に比べると緩い左のカーブとなっている。アップダウンもほかの連絡路に比べると少ないといえるだろう。

動画6『横浜青葉JCT「東名高速道路(下り、東京方面)~横浜北西線(上り、横浜港北方面)」』。再生時間1分27秒。

 注意すべきは、東名高速(上り)と同様に、本線から左に分岐した直後にまた分岐が現れること(画像20)。この分岐では、右に進むと横浜青葉IC出口に向かってしまうので、左に進もう。

画像20。横浜青葉JCTでは、東名高速(下り)から左に分岐したあと、首都高・神奈川7号横浜北西線へ向かうにはふたつ目の分岐でも左へ。

画像20。東名高速(下り)本線から左に分岐したあと、ふたつ目の分岐では、左がK7北西線へ向かう連絡路。右は横浜青葉IC出口へ向かってしまう。

 このあとは、東名高速(上り)からの連絡路が合流して2車線となり、横浜青葉本線料金所となるのは東名高速(上り)⇒K7北西線(上り)で説明した通り。料金所を抜けたあとまで合流が続く区間なので、他車の動きをよく確認しながら走るようにしてほしい。

→ 次ページ:
最後はK7北西線(上り・下り)⇔横浜青葉IC出入口

首都高・神奈川7号横浜北西線の関連記事