2020年03月04日 16:00 掲載

ライフスタイル 2020年3月開通の高速道路インターチェンジ(IC)一覧

年度末の3月は、建設中だった施設が完成を迎えることの多い時期だ。高速道路に新設されるインターチェンジも、複数について開通が発表されている。3月に新規開通する全国のICを網羅した。

タグ:

神林 良輔

 新たなインターチェンジ(IC)が開通することの効果は大きい。周辺地域から高速道路へのアクセス性が向上することで、物流の効率化、消防・救急活動の時間短縮、災害時に備えた交通網の冗長性の強化、そして観光客の増加などを見込めるからだ。

 しかも近年はETCが普及したことで、スマートICの建設が加速している。スマートICは既存のSAやPAに追加する形を取れば必要な用地もコンパクトに済ませられ、建設しやすく、費用も抑えやすいからだ。今回、新規開通ICうち、既存の高速道路に新設される追加ICを中心に6か所のICを紹介したが、そのうち5か所がスマートIC。さらにそのうちの4か所がSA・PA接続型となっている。なお、高速道路の新規開通路線のICに関しては最後に一覧を掲載した。

【追加IC一覧】
7日(土)15時:E6常磐道・常磐双葉IC(福島県)
20日(金・祝)12時:E3九州道・桜島スマートIC下り線出口(鹿児島県)・SA・PA接続型
21日(土)15時:E2A中国道・湯田温泉スマートIC(山口県)・SA・PA接続型
21日(土)15時:E56松山道・中山スマートIC(愛媛県)・本線接続型
28日(土)15時:E1東名高速・駒門スマートIC(静岡県)・SA・PA接続型
29日(日)15時:E28神淡鳴道・淡路北スマートIC(兵庫県)・SA・PA接続型

E6常磐道・常磐双葉IC(福島県)で期待される復興支援

画像1。3月7日(土)15時に開通する、E6常磐道・常磐双葉ICの所在地。

画像1。3月7日(土)15時に開通する、E6常磐道・常磐双葉ICの所在地。

 3月7日(土)15時に、E6常磐道の大熊IC~浪江IC間に追加されるのが、「常磐双葉(じょうばんふたば)IC」だ(福島県双葉郡双葉町大字寺沢)。大熊ICからは北に5.3km、浪江ICからは南に5.0kmの地点となる。接続する一般道は、井手長塚線(県道256号)だ(画像1)。

 この開通によって、復興支援の呼び水となる期待も高い。さらに、福島第一原発事故に伴う除染・中間貯蔵施設事業と、廃炉作業の進展にも貢献するものと予想されている。

E3九州道・桜島SA(鹿児島県)にスマートIC・下り車線出口の追加で渋滞緩和を目指す

画像2。3月20日(金・祝)12時に開通する、E3九州道・桜島スマートIC下り線出口。

画像2。E3九州道の桜島スマートIC下り線出口(水色と白で塗装された路面の部分)。

 3月20日12時に、E3九州道の加治木IC(かじきIC)~姶良IC(あいらIC)間の桜島SAに追加されるのが、「桜島スマートIC」(同市西餠田)の下り車線出口だ(画像2)。桜島SAはフルのスマートICが整備される計画で、下り線入口と上り線出口は2019年3月にすでに開通済みで、今回の下り線出口の開通で3/4となる。上り線入口の開通時期は未発表だが、フルIC化もそう遠くない時期に実現する予定だ。なお桜島スマートICは加治木ICからは6.2km、姶良ICからは2.5kmの距離となっている(画像3)。下り線出口は、市道鍋倉~触田線(なべくらふれだせん)に接続する(画像4)。

画像3。3月20日(金・祝)12時に開通する、E3九州道の桜島スマートIC下り線出口の位置。

画像3。3月20日(金・祝)12時に下り線出口が開通する、E3九州道・桜島スマートICの位置。

 桜島スマートIC下り線出口の開通により期待されているひとつが、交通分散による渋滞の緩和だ。E3九州道と並走する国道10号の渋滞が慢性化しており、その緩和が期待されている。

画像4。3月20日(金・祝)12時に下り線出口が開通する、E3九州道・桜島スマートICの鳥瞰図兼経路図。

画像4。桜島スマートICの空撮画像に、上下線の出入口経路を加えたもの。

→ 次ページ:
湯田温泉スマートICと中山スマートIC

新規開通高速道路関連の記事